MENU

闇金の取り立てとはどのような行為を指すのか?

闇金は初めから違法行為であることは、当の業者本人が一番よくわかっています。高利を相手から吸い取るために正規で営業することを避け、闇金としてし存在しています。守るべき法律はないのですから、取り立てに関しても熾烈を極めます。正規の業者であればプライバシーに充分留意し、取り立てに関する法律も厳守します。

 

返済しない相手に対しても、相手の守るべき権利は守るといった態度を示します。また弁護士や司法書士が代理人となった場合には、そちらの方と話し合い、債務者本人には連絡が入らなくなります。また債務整理を行うことが前提であれば、取り立て自体がピタリと止まります。しかし闇金は、プライバシーなどを守ろうとはしません。また取り立てを行う上で守るべき時間などのルールも守りません。契約の時点で勤め先や実家、親戚縁者、友人、子供がいれば子供の学校や職場もヒアリングしています。その知り得ている限りの場所に連絡を入れては、借りている事実の暴露とともに罵声を浴びせ、脅します。その電話を受けた無関係な人が精神的に大きなダメージを受けるほどの激しさです。会社の場合には、業務が滞るほどひっきりなしに電話を掛けます。

 

切ってもまたすぐに掛けてきます。その日はいつ電話しても話し中になってしまうほどです。これによって不可を掛け、なんとか払う方向に持っていく意図もあり、また事情を知った親戚縁者が音を揚げて支払ってくれるかもしれません。それを狙っています。ただし、いくら恐ろしい脅しをかけられても、直接くることはありません。

 

金額が大きければ危険度も増しますが、近頃の闇金は、大体が小口貸付です。支払いが滞ることも考えての高利ですから、早々と元金は回収できています。嫌がらせをするだけは損ではありませんので続けますが、半ばあきらめています。直接行って警察に捕まるようなことになるよりは、電話で出来るだけのことしかしない方針です。大体2日から3日程度で、その取り立ても終わります。それまでこの強烈な嫌がらせにどれだけ耐えるかが、取り立てに負けない唯一の対策といっても過言ではありません。

 

 

具体的な闇金の嫌がらせへの対策

 

闇金を利用して発生した利息は、支払う必要がありません。それどころか元金そのものすら返還しなくてよいものです。これはそもそも闇金が法律を守らないところに存在しているものだからです。闇金の利息は不当利得であり、元金は不当利得を生むための不法原因給付にあたります。これは返済する必要もなければ、返還もしなくてよいのです。

 

「借りたお金は返すべきだ」というのは法律を守っている人間の間で守られるべきルールで、初めから法律の存在を無視しているのであれば、法律に守られることはありません。それが日本の法律です。それらを払わなくていい上に、今まで支払った金銭があるならば、利息を付けて取り返すことも可能です。そのことを踏まえ、具体的な対策は、この件を家族や会社、相手に教えてしまった連絡先に該当する人々に正直に話し、理解と協力を真摯に求めることです。

 

嫌がらせの被害は必ずそこまで及びますので、事前に話すのが必要なのです。その後「一銭たりとも支払う意思がない」ということを闇金に対して明確にすることです。心配であれば警察に事情を話し、その場から電話することも良いでしょう。ただし電話の上でのことで、実際にどこにいるのかなど、相手の実態をつかむことはできません。

 

警察にいるということがわかれば、すぐに職場や実家、親戚縁者など、矛先を変えて嫌がらせを行います。その時に脅しに負けて支払うようなことがないためにも、また強い態度で対応してもらうためにも、事前に話しておかねばなりません。その渦中にある時には永遠に続きそうな気がしてしまうものですが、実際にはおおよそ2日から3日程度で嫌がらせは終わります。長く感じても、向こうもこういうことが起こるのは百も承知です。いつまでもしつこく行ってくることはありません。また元金相当額はすでに回収してしまっているような時は、もう少しあきらめが早い傾向にあります。一銭も回収できていない時には長くなる可能性がありますが、それでも1週間続いた事例は聞かれません。あくまでもその時に「もしかしたら負けて払うかもしれない」という淡い期待感があっても、すでにタダの腹いせになってしまっているだけです。ほぼ返済などされないであろうことは、相手も解っています。

 

 

闇金被害の相談窓口は

 

警察や地方自治体、弁護士や司法書士の協会もしくは有志によって、ホットラインのようなものを用意しているところも多く見られます。それだけ被害が拡大しているのですが、そういったところに相談をしても、最終的には自分がどれだけ毅然としていられるかが解決の要です。この件を家族や会社に話すのは大変つらいことですが、その勇気がなければ、何も始まらないこともしっかり認識しておきましょう。

 

当サイトのおすすめは闇金専門の弁護士に相談することです。通常の債務整理と違って、悪徳業者に特化しており、スムーズに対策方法を提示してくれますので安心です。